忍者ブログ
2018年に念願のRYT200修了しました♪職場でヨガ部活動中♡日々自分の体を使って、いろんな動きやポーズを練習中です
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
結構遠距離通院してる患者さんっていらっしゃる。

おんなじ治療が地元でも受けられるって確認して、予約取って、紹介状作って、
実際行ってもらって、でも、結局戻っていらっしゃる。・・・・。脱力。



一方で、「おんなじ治療ができるならできるだけ近くでお願いします。」
という方もいらっしゃる。

私だったら、もし本当に同じ治療であれば、近い方がいいと思うかな。
考え方?何が違いを分けるんだろう?う~む?



病院のブランド力じゃなく、自分が研鑽をつんで、患者さんに
ここに来てよかったと思ってもらえるように、がんばるぞ~。お~。
といいつつも今日も疲労困憊。
やっとお昼食べました。もう外暗い。。。
これから頑張って送別会行って、お弁当の仕込みして、
まだまだ一日は長いぞ。ふ~。疲れたなぁ。

誰か地域医療連携進めてください。本気で願ってます。

拍手[0回]

PR
必ず患者さんに何度もお伝えすることがある。

「化学療法をしているお体は、特別です。
これまでであったら様子を見ていたことでも、この治療をしているときには
様子を見ていると取り返しのつかないことになる場合もあります。
〇〇のとき、△△のとき、◇◇のときなど、決して我慢をしないでください。
これこれこの番号にお電話ください。」

いろんな患者さんがいらして、よくお電話をくださる方は安心。
でも、おうちで我慢してしまう方がいらっしゃることも稀ではない。

今回の患者さんCさんもそのお一人。

お腹が「転げまわるほど」痛かったそうで、
ご家族が「先生のところに行こう」と言ったのに、
「先生に迷惑をかけるといけない」とおっしゃって、
市販のお薬を買ってきて飲んで我慢していたそうだ。

5日目。とうとう我慢できなくなって突然外来にいらっしゃった。
お腹を触らせていただいた瞬間、血の気が引いた。

「なんで5日間も我慢していらしたのですかぁ!!」

いつもは歯に衣を着せない物言いをする患者さんなのに、
どうしてこんなつらい痛みを我慢していたのだろう…。
私のメッセージが患者さんの遠慮と我慢に負けてしまった…。

来週からは、もっともっとしつこく強くメッセージを伝えていこう。
そう思った出来事でした。

Cさん、ぜーったい、早く良くなってくださいね!

拍手[0回]

Aさんは、まだ50代の患者さん。しかし、病歴は長く、
ずっと沿岸部から通院し、治療を受けていらした。
しかも、自営のお仕事のお休みの日を治療日にしていらしたので、
全く休む暇なく何年も頑張ってこられていた。

そんなAさんにも大震災は手加減をしなかった。
ご自宅も、自営のお店も津波で流されてしまった。
幸いAさんはご無事で、新しくアパートを借りて生活を立て直し、
震災の年の瀬には自営のお店を仮設店舗で再開された。

治療は体調と相談しながら、お仕事と家事ができることを大切に考えながら、
それでもがんばって通院して断続的に治療を続けていた。

体調が悪化するぎりぎりまでずっと仕事を頑張って、遠距離を通院されていた。
そんなAさんのご病気がいよいよ進んできてしまった。
われわれの病院に入院していただいたが、よく相談すると
自宅や家族、友人に近い地元の病院で療養したいとおっしゃる。

今までずっとわれわれのところまで通院されていたので、
緊急時に時々地元の病院にかかるくらいで、定期的には地元の病院にかかっていない。
困ってしまい、いつもお世話になっているAさんの地元にある病院のK先生にお電話した。
とてつもなくお忙しいことは聞いているし、無茶な相談だとは分かっていたが、
Aさんが地元に移動できる体力は日々弱ってきている。
チャンスは限られている。。。

K先生の格別のご高配で何とか転院準備を整えていただいた。
ご本人はもちろん、遠方からお見舞いにいらしていたベッドサイドのご家族やご友人も
一様にほっとされた様子。Aさんの今までの頑張りに答えたくて、
急な病状の変化で砂時計から残された時が落ちていくことをひしひしと感じながら、
無理を承知での転院のお願いだった。幸いK先生やスタッフの方のご理解とご尽力を
いただくことができて、Aさんの選択を尊重し、約束を果たすことができた。
Aさん、本当によくがんばって来られました!

この歳になって、やっとできるようになったことがある。
それは、このような患者さんとの「握手」だ。
若いころは本当は握手したくてもなかなかできなかった。
今日は、私の気持ちをくみ取ってくれたのか、Aさんから手を差し出してくれた。
痩せ細ったけど、暖かくてしっかりした手。頑張ってこられたAさんらしい手。
言葉に尽くせない気持ちが伝わったと信じている。

今日はいろいろなことが思い出され、Aさんの前に握手したBさんのことも思い出した。
Bさんもとても穏やかで夫婦仲がよくて、素敵な人だった。大きな手をしていらした。
なかなか普段患者さんと握手することはないけれど、
とにかくお一人おひとりの考えを尊重して、「手を取り合って」、
できるだけ悔いのないように最大限寄り添える、そんな治療のパートナーでありたい。
いろいろなことが去就した握手でした。。。

拍手[2回]

お仕事先への移動のため、
仙台駅に来ています。
杜の都コンサートの開演時間まで
子供達が演奏を披露中!
足を止めてしばし楽しみました。
子供達の一生懸命な演奏はいいですね!
ちょっぴり癒されましたよ。

では、行ってまいります!
って言っても、はやぶさは反対方向へ行く電車。
あ、私の乗る電車がきました。
では、今度こそ、行ってまいります!

拍手[0回]

職場で、人事があり新しい方を囲んで
ちょっとだけティータイム♪

どれにしようか迷いますよね。


って、迷わずこれなんですが、、


美味しかったです(^ν^)
ごちそうさまでした

拍手[0回]

流石に今日は体が辛い。
我慢できず、糖分補給!
自分だけ太りたくないので、
周りを巻き込むのだ!

拍手[0回]

と、言うことでいよいよ始まりました。
ここ仙台にたくさんのかたがお集まりになって、
主幹校としては、ありがたい限りです。
どうかつつがなく学会が成功しますように。

ところで、国際センターは規模の大きな学会には手狭で、
仙台にコンベンションホールができる日が待ち遠しいです。

話は戻って学会ですが、スタッフは持ち場があるのですが、
私は患者さんたちのためのプログラムに割り振られました。
初めてのことなので、普段の学会のようには楽しめません。
緊張してます。特に明日からの昼の講演が目玉になります。
医局みんなで力を合わせて準備をしたので、
無事に成功してくれることを祈るばかりです。どきどき、、

拍手[1回]

お仕事関係の広報です。

第11回日本臨床腫瘍学会期間中(2013/8/29-31)に開催される、

患者さんによる患者さんのための学会プログラムです。
*日本臨床腫瘍学会はがんをお薬で治療する医療に携わる人たちの学会です。


地元仙台での開催は非常に稀で貴重な機会ですので、
がん患者さん、ご家族、お友達、支援者など、ぜひ情報収集や情報交換に
お出かけになりませんか?

詳細は東北臨床腫瘍学会のウェブサイトをご覧ください。
http://www.t-core.jp/

9/1には、電力ホールで市民公開講座も開催予定です。

拍手[0回]

なんかね、最近いろんな仕事があるのね。
患者さんに会ったり、医療者の教育だったり、広報や親善大使。
作文書いたり、市民への情報提供をしていたり、学会の準備もしてるの。
そのうえでお弁当作ったり、掃除洗濯したり。
あっ、自分のために時間と気力と体力を使うことも忘れないようにしてと。

で、今日秘書さんが言ってた言葉が言いえて妙。
もともとはボスが言ってたらしいけど、私は知らなかった。
今のボス(医局?)の置かれている状態を表す最適な言葉?

たこ足配線 ≡(・◎・)≡

うん。私もそんな感じ。
ホコリをためないように気を付けないと。

拍手[0回]

職場の小さな巨人Kちゃん。
メロンパン食べたいと話していたら、
なんと!

お家で作れるなんて、信じられない!
ご馳走様でした。

ちなみに背景のニュースレターもKちゃんの作品。
Kちゃんはただものではない。。

拍手[0回]

カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
かいけママのはげみ
マイペースでコツコツと体で遊んでいます!応援よろしくお願いしますm(_"_)m
最新コメント
(09/25)
(09/23)
(01/25)
(01/24)
(01/16)
ブログ内検索
ウサギの年齢計算機
プロフィール
HN:
かいけママ
性別:
女性
自己紹介:
「かいけのお部屋」管理人のかいけママです。

いつの間にやらかいけは大学生。
全く手がかからなくなり、趣味に邁進中。

ヨガと体作りにすっかりはまりました~
日々マイペースに楽しんでいます♪
カウンター
アーカイブ
忍者ブログ [PR]