忍者ブログ
2018年に念願のRYT200修了しました♪職場でヨガ部活動中♡日々自分の体を使って、いろんな動きやポーズを練習中です
[806]  [805]  [804]  [803]  [802]  [801]  [800]  [799]  [798]  [797]  [796
Memoirs of a Geisha(ある芸者の半生・回顧録)
かいけがSleepover(お泊り)に行ってしまったので、前から行きたかった映画
"Memoirs of a Geisha"に行ってきました。主役・助演の女優さんが中国の方であり、
中国では中国人に対する侮辱だとして上映禁止になった作品。

我々日本人には、確かにどうしても中国人に見えてしまって、違和感はありましたが・・・。
それに、いわゆる「業界用語」がそのまま登場するのですが、説明があまりされないまま
話が進んで行きます。ところどころ日本語のせりふがあるのですが、これにも説明も字幕もなし。
う~ん。観客の皆さんこれで意味が分かったのでしょうか?

私はまだ原作を読んでいませんが、原作を読んでしまっていると、
話が違うことが気になるそうです。でも、原作を知らなかったので、
「エンターテインメント」として楽しめました。音や色彩、光、異国情緒。
「何だか日本って国はずいぶん違うととこなのねぇ。ずいぶん不思議な風習や文化があるのねぇ。
お庭や建物もずいぶん違うけど、それはそれできれいねぇ。 」
細かいところが気になるのはたぶん日本人だからであって、
それに目をつむれば、美しい異国情緒を楽しめる映画でした。

きっとこの作品の監督は、日本が好きだと思うし、良く調べていると思います。
印象に残ったのは、SAYURI/チャン・ツィイーが戦後アメリカ人のお客さんを御接待している時に、
Pumpkin/工藤由貴にNobu-san/役所広司を呼んで来てと頼んだら、
意図的にChairman/渡部謙を連れてきたところで、観客が苦悩のため息を漏らしたことです。
あぁ、「観客はちゃんとわかって見ていたのねぇ~。そして素直に感情移入しているのね~。」。
お客さんたちは時代・場所などの設定は他の映画と違うけれど、
それはそれとして、一人の女性の半生の物語として素直に楽しんでいたようです。


映画の後はかいけ抜きで御寿司を楽しみ、翌朝はスイミングまで楽しんだ
なかなか豪華な週末でした。お世話になったI家の皆様、ありがとうございました。
2006.2.12

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
かいけママのはげみ
マイペースでコツコツと体で遊んでいます!応援よろしくお願いしますm(_"_)m
最新コメント
(09/25)
(09/23)
(01/25)
(01/24)
(01/16)
ブログ内検索
ウサギの年齢計算機
プロフィール
HN:
かいけママ
性別:
女性
自己紹介:
「かいけのお部屋」管理人のかいけママです。

いつの間にやらかいけは大学生。
全く手がかからなくなり、趣味に邁進中。

ヨガと体作りにすっかりはまりました~
日々マイペースに楽しんでいます♪
カウンター
アーカイブ
忍者ブログ [PR]