忍者ブログ
2018年に念願のRYT200修了しました♪職場でヨガ部活動中♡日々自分の体を使って、いろんな動きやポーズを練習中です
[640]  [639]  [638]  [637]  [636]  [635]  [634]  [632]  [631]  [630]  [629
e0123920_13562658.jpg
かいけがキャンプに出かけたので自由時間です。
映画館に出かけてきました。
ドキュメンタリー映画「MAN ON WIRE」です。

アメリカで子供向けの本にもなっていて、ずっと気になっていたのですが、
本当に渡った人がいたなんて信じられませんでした。
いやはや、この方、本当に渡ったんですねぇ・・・。

World Trade Centerがまだ完成する前の出来事だったとは知りませんでした。
彼らが夢を持って上った非常階段を、
恐怖を抱えて命を求めて降りるようになる人たちがいようとは、、、。
(この映画では、テロのことは何も触れられません。見ている方の頭に勝手に浮かぶだけです。)
実際にテロの時に階段を降り続けた人の話を思い出し、胸が痛くなりました。
WTCを見て「このビルに綱をかけて渡りたい。」と思う人。
同じビルを見て「このビルをテロの標的にしたい。」と思う人。
人というのは想像を絶する考えを持つものです。
しかし、まさか本当に実現するなんて、誰も思うわけないですよね。
テロの標的にした人たちは言語道断です。何の美学もない許されない犯罪です。
綱渡りを企てた人たちは逮捕されましたが、不法侵入には目をつむると、
彼らは人々の口をあんぐりと開けさせ、ドキドキさせたことが罪になります。

綱をかけて渡った彼ら、、、特に親友は信じてるんです。
綱さえ架けたら渡れるって。それをサポートし続けるんですから、
渡る方も、綱を架ける方もどうかしちゃってます。
本当にこうやって綱を架けたんですよね…。アメリカ人じゃないけど、
「なぜ?」という問いかけをしたくなりますよ、もちろん。

で、綱渡りを始めた主人公の表情なんですが、
うれしくて満面の笑顔なんです!信じられないですよね~。
あぁ、この人は純粋にWTCを綱渡りしたかったんだと。これが夢だったんだと。
命がけなのに、この笑顔ですよ。参りました。
こんな犯罪ならあっぱれと思っちゃいました。
06001335_.jpg
しかし、WTCを渡ったことで、彼の人生も恋人の人生も
大きく変わります。夢はかなえた後が難しいなんて…。
人生は過酷です。

それにしても、本当に美しい綱渡りでした。
音楽にもうっとりでした。
ユーモアもちりばめられていて、いろいろと楽しめた映画でした。
" It's impossible, that's sure. So let's start working." by Philippe Petit

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
かいけママのはげみ
マイペースでコツコツと体で遊んでいます!応援よろしくお願いしますm(_"_)m
最新コメント
(09/25)
(09/23)
(01/25)
(01/24)
(01/16)
ブログ内検索
ウサギの年齢計算機
プロフィール
HN:
かいけママ
性別:
女性
自己紹介:
「かいけのお部屋」管理人のかいけママです。

いつの間にやらかいけは大学生。
全く手がかからなくなり、趣味に邁進中。

ヨガと体作りにすっかりはまりました~
日々マイペースに楽しんでいます♪
カウンター
アーカイブ
忍者ブログ [PR]