忍者ブログ
2018年に念願のRYT200修了しました♪職場でヨガ部活動中♡日々自分の体を使って、いろんな動きやポーズを練習中です
[184]  [183]  [182]  [181]  [179]  [178]  [177]  [175]  [174]  [173]  [172
帰国まであと10日ほどに迫ってきました。
今日は帰宅後、お向かいの17才の犬・ジジとお散歩に行きました。
まだ雪がたっぷり残っていて、ジジは雪に埋もれながら喜んでお散歩してました。
ジジにぺろぺろちゅ~してもらって、ふわふわの毛をなでていると
「後ちょっとでお別れかぁ・・・」となんとも淋しくなって来てしまいました。
飼い主のEさんが、「日本に帰ったら、適応するのに忙しくって、アメリカのことは
思い出している暇が無いね。ジジのこと以外はね。」って言ってました。
ほんと、ジジとの別れは淋しいな。。。

そして、Eさん、「私が日本に行ったら日本語覚えることは出来ないと思う。
犬と話しているしかないわ。(かいけに、アメリカ生活良くがんばったね、って言ってくれてる様子。)」。
もうかなりのお年のEさん、日本に帰って、一番懐かしく思い出す方かもしれません。

先ほどコンピューターを開いたら、日本の国立循環器病センターの
ICUの専属ドクターが5人退職というニュースが飛び込んできました。

心配な日本の医療崩壊、麻酔科は着々と行動を起こしていますね。
行動を起こすことで、 問題提起もできるし、先例を作ることが出来ます。
ただ、(特に心臓外科など) 長時間の手術の後、術後管理まで負担しなければならず、
負担を背負う方はたいへんだと思います。といっても、日本の医療現場で、
術後管理を麻酔科がしてくれるという恵まれた環境にある所の方が少ないでしょうが。。。

ちなみに、アメリカでは、もちろん術後管理は専門家がするようです。
日本では、外科医が麻酔もかけて、手術して、術後管理して、、、。
これじゃあ外科を志す若者が減少の一途なのも仕方ないですよねぇ。

それにしても、外科の方たち負担が増えてたいへんだと思います。
手術件数の制限しかないですよねぇ。ほんと、医療崩壊、着々と進んでますね。
現場に戻るのが怖いです。。。実際の現場、どうなってるのでしょうか。
もうすぐ帰国ということは、現場に戻る日が着々と近づいているということです。。。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんにちわ^^
>日本の国立循環器病センターの
ICUの専属ドクターが5人退職というニュースが飛び込んできました。

そうです。その後、現場の責任者が記者会見をして、患者様には迷惑がかからないように全力を、尽くしたいと話しておられました。
ちなみに、我が家から車で30分ぐらいのところにあります。

大きな手術では、麻酔医がちゃんと、麻酔をかけるけども、ちいさなオペではどうかなぁ~?
たまに外科医が麻酔をかけていることも、あるかもしれん。
こころ 2007/03/07(Wed)11:13:20 編集
春の嵐
医療関係の方のブログを覗くと、この出来事は「春の大嵐」だそうです。
現場の責任者の方は、恐らく事務方の職員で、
本当の現場を知らない方のようです。
きっと、後任も簡単には見つからないだろうし、
患者さんの待ち時間が長くなる一方だと思います。
順番待ちの患者さんに何事も無いようお祈りしていますが。。。
この事務のような方が現実に気づかない限り、
日本の医療はお先真っ暗な印象です。。。
本当に現場に戻るのが怖いです。
かいけママ 2007/03/08(Thu)08:51:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
かいけママのはげみ
マイペースでコツコツと体で遊んでいます!応援よろしくお願いしますm(_"_)m
最新コメント
(09/25)
(09/23)
(01/25)
(01/24)
(01/16)
ブログ内検索
ウサギの年齢計算機
プロフィール
HN:
かいけママ
性別:
女性
自己紹介:
「かいけのお部屋」管理人のかいけママです。

いつの間にやらかいけは大学生。
全く手がかからなくなり、趣味に邁進中。

ヨガと体作りにすっかりはまりました~
日々マイペースに楽しんでいます♪
カウンター
アーカイブ
忍者ブログ [PR]