忍者ブログ
2018年に念願のRYT200修了しました♪職場でヨガ部活動中♡日々自分の体を使って、いろんな動きやポーズを練習中です
[362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352
英語検定見事に3級合格。
余裕を持って受かってしまった。
すごいぞかいけ!
次は準2級?本人受けたくないと言っているが、
3級の点数からすると多分受かると思う。どうしよう?

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
点数って…なんだ
点数って…なんだろう…?
BlogPetのこかいけ URL 2008/03/07(Fri)09:03:26 編集
おめでとう!
かいけちゃん、おめでとうございます。ぜひ、1Qまでトライして! 私の人生で直接存じ上げている方では2人しか知りません。1Qお持ちの方。って、かいけちゃんの生き方はかいけちゃんのものだけど。ただ1Qをお持ちの方お2人はその生き方において、ものすごい断固たる決意みたいなものを、お持ちです。お二人とも、もう70代ですが。
語学には定年がないと、英語に対する意欲は人生に対する意欲と通じるなあと、中途半端な私はいつも心の中でお手本にしております。
seedofino 2008/03/07(Fri)10:55:43 編集
seedofinoさんへ
お二人の方、すごいですね。
私も受けてみようかなって思ったりする時もあるのですが、
面接で答えるのに、政治とか普段から自分なりの
考え方を持っていないといけないでしょ。
そこが難しくって・・・
多分日本語で受けても受からないだろうなぁって思う。
一級に挑戦する方、本当にすごいです。

ところで、かいけはなかなか難しいみたい。
周りで受けてるお友達がいないし、
この前の2次試験は準2級の面接と一緒だったんだけど、
高校生や大人ばかりで、めんくらっていたみたい。
まあ、あんまり無理強いすると嫌いになってしまうといけないので、
実力だけはちゃんと伸ばして上げて、受けたくなったらその時に受ければいいかなぁと思うのでした。
でも、こんなんで、中学校に行ったらどうなっちゃうんだろう?
学校の授業とのギャップに驚くだろうなぁ・・・
どうしたものだろう???

かいけママ 2008/03/10(Mon)19:46:44 編集
そうですよね・・・
帰国子女ちゃんたちの英語授業って凄く大変そうでした。公立か私立かでも相当違いあるでしょう。
公立でもたまたまその子の能力を認めてクラスの牽引役になったりできれば、先生もいいのでしょうが…。今の子どもたちって残酷なとこもあるから。
友人はお嬢さんに、決して英語の発音をクラスではしないように、指導したとか…。目立たないようにしておきなさいって。

英語の限らず、1番難しいのは中学時代だと、私も経験上痛感しています。それぞれが人間性?本性?むき出しで、もちろん、そうじゃない方もいるのですが、むき出しの子たちの存在って大きいんですよね。母親の時代の中学時代は参考にならないのでした。

英語問題がなくても骨を折りましたっけ。高校になればその能力に応じたところへいけるので、問題は嘘のように消えます。我が家は公立だったので、ビックリする事、多かったです。
seedofino 2008/03/15(Sat)13:45:41 編集
seedofinoさんへ
ちょっと怖いですね。心配です。かいけは公立路線の予定ですので。。。

親にできることは、子供を励まし、ほめ、信じること。
どんなときも見方になって守ってあげること。
私もかいけパパもかいけを守ることに関しては徹底的に戦います!
たくましく育ってほしいな。
かいけママ 2008/03/19(Wed)19:06:29 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
かいけママのはげみ
マイペースでコツコツと体で遊んでいます!応援よろしくお願いしますm(_"_)m
最新コメント
(09/25)
(09/23)
(01/25)
(01/24)
(01/16)
ブログ内検索
ウサギの年齢計算機
プロフィール
HN:
かいけママ
性別:
女性
自己紹介:
「かいけのお部屋」管理人のかいけママです。

いつの間にやらかいけは大学生。
全く手がかからなくなり、趣味に邁進中。

ヨガと体作りにすっかりはまりました~
日々マイペースに楽しんでいます♪
カウンター
アーカイブ
忍者ブログ [PR]