忍者ブログ
2018年に念願のRYT200修了しました♪職場でヨガ部活動中♡日々自分の体を使って、いろんな動きやポーズを練習中です
[1]  [2]  [3]  [4
聞こえない音
ラジオを聴いていて、 大統領の話だったのに、突然「ジェンダ」?
国際ニュースだったのに、「トラペッタ」?
そこでニュースは全く理解できないものとなってしまった。
何度か聞くうちにagendaとinterpreterであることが判明。
アクセントが第2音節にあるために、第1音節がほとんど聞こえない。
ちなみにAladdinも「ラディン」って聞こえます。日本語ってここまで強弱無いなぁ。

拍手[0回]

PR

名前
名前を聞いたとき「???」ということがよくある。
「スミアンタ」日本で言うところの「サマンサ」Samantha
「テュリューサ」は「テレサ」Teresa
「マシェール」は「ミッシェル」Michelle
「ヒアナ」は「ハンナ」Hanna
「ジャズマン」は「ジャスミン」Jasmin(e)
「アレン」は「エレン」Ellen
「ネコオ」は「ニコル」Nicole
「ベッキー」はRebeccaのニックネーム
「リズ」はElizabethのニックネーム
「トム」はThomasのニックネーム
「トニー」はAnthonyのニックネーム
「ボブ」はRobertのニックネーム
などなど。

拍手[0回]


子供を呼びかけるとき
子供に呼びかけるとき、"Sweet"や"Honey"を良く使う。
地方によっては"Sugar"もあるらしい。子供はかわいくて甘い存在と言う認識なのだろう。
先日アラスカでお話した方は、かいけのことをしきりと"Sunshine"と呼んでいた。
この呼びかけって何だかとっても的を射ていると言うか、素敵だなと思った。

拍手[0回]


行くと来る
英語で「今行くよ~」って言うときには、"I'm coming."って言うことは有名ですよね。
相手のいる場所に向かうから"come"って考えるようです。
「もう行かなくちゃ」だと相手のいる場所から離れるから、"I have to go."となります。

さて、"take"と"bring"も同じだったことに気づきました。
「ランチを持って来てね」は、"Bring your lunch."
「この飴持ってっていいよ」は、"Take some candies."

最初、良く区別がわからなくって、(担任との会話)
「書類がまだ提出されていないみたいなんだけど?」って聞かれて、
「パパが持ってった(家に持って帰った)。」って言うつもりで、
"Kaike's papa brought it."って間違えて答えたら、
担任は書類挟みを一生懸命探しだしてしまいました。
私の伝えたかった内容は、"Kaike's papa took it."って言わなきゃ通じなかったのです。
日本語に訳して覚えてると、思わぬところで失敗します。。。

拍手[0回]

写真を撮ってあげる
旅行に行ったときなど、写真を撮ってもらいたいときには、
"Would you take a picture for us (me)?"
"Would you mind taking a picture for us?"
などと聞きますが、写真を撮ってあげようと思ったらどういったらいいのでしょうか?
日本語だと「お撮りしましょうか?」ですよね。はて?なんていうのかな?と思っていたら、
先日旅行先で声をかけていただきました。
"Would you like me to take a picture for you?"
なるほど!そうやって言えばいいのね。目からうろこのかいけママでした。

拍手[0回]


仮定法
文法で習いましたよね。でも、それを日常生活で使うなんて思っていませんでした。
かいけの家庭教師の先生、さすがです。普通の会話で感心させられます。
かいけが冬休みにキーウエストに言ったことを話したらしいのです。オハイオはその日雪模様。
先生曰く " I bet you wish you were in Key West now."
言われた私はというと、
「おお、仮定法だ、実生活でも使うんだ~。すごいなぁ、良く一瞬でこんな文作れるよなぁ。」
感心してばっかで、なんてお返事してよいか分からず、もごもご口ごもってしまいました。

拍手[0回]

危険防止のために職場で回ってきた警備部門からのメールを御紹介します

Here are some tips that may help you avoid a potentially dangerous situation:
(危険な状況に遭遇するのを防止するヒント)
- Avoid remote areas on your way to and from work.
 (遠回りはしないこと)
- Do not leave the main campus during breaks.
 (休憩中建物を離れないこと)
- Walk with a buddy when possible.
 (出来れば誰かと一緒に歩くこと)
- Walk with an air of confidence and sense of purpose.
 (毅然として颯爽と歩くこと)
- Do not resist if someone demands money or property.
 (誰かにお金や物を要求されたら抵抗しないこと)
- Call ext. XXX to report any suspicious person or vehicle.
 (怪しい人や車を見たらXXXに電話をして下さい)
- Call ext. XXX to request an escort if you feel uncomfortable walking to your vehicle.
 (車まで歩くのが不安なときは、XXX番に電話してエスコートを依頼して下さい)

この中で印象に残ったのは、「抵抗しないこと」。
英語の表現で" with an
air of confidence"とありますが、airは日本語で言うところの
「 雰囲気」に相当するのでしょうか。なかなか乙な表現ですよね。

拍手[0回]


かいけが泣いていて、状況を説明するのに、「すりむいた」って言葉が出てこなくて困りました。
すりむくは" skin"と言います。切るは"cut"、引っかくは"scratch"。
ちなみに捻挫は"sprain"、骨折は"break"、やけどは"burn"、打撲は"bruise"。
ついでに、かゆいは"itchy"、痛いは"sore"(painful, hurting)、鈍痛は" ache"などなど。
おまけ;しゃっくりは"hiccup"、げっぷは"burp"、あくびは"yawn"、咳は"cough"、くしゃみは"sneeze"。
鼻水"runnin nose"、鼻づまり"stuffy nose"、お熱"fever"、病気は" sick"。
「風邪を引いてる」は"have a cold"。「お休みします」は"take a day off"。

拍手[0回]


複数形
日本語には複数形の概念がないので、結構苦労します。
その中でいつも複数形で使う言葉があります。
めがね"glasses"やはさみ"scissors"は有名ですが、意外なところで
パジャマがあります。"pajamas"あるいは"PJ's"と言います。
そういえば、パジャマは日本のようにペアで売っていなくて、上下別々に売ってるのを見ました。
なんか不思議です~。

拍手[0回]


Assertiveness Training -きりっとした人になるために
言葉というより、心がけなのでしょうが、、、。
英語の先生からいただいた資料が気に入ったので御紹介します。

Definition of Assertion;
自己主張の定義
1. Allows people to express honest feelings comfortably.
 自分の率直な気持ちがすんなり表現できる。
2. To be direct and straightforward.
  ざっくばらんに、率直になれる。
3. To exercise personal rights without denying the rights of others
 and without experiencing undue anziety and guilt.
 個人の権利を行使することが出来る。他の人の権利は否定せず、かつ不当な不安や罪悪感なしに。

そして、どんな人がAssertiveじゃないかということが述べられています。
要約すると、他の人の気分を害したり、自分が拒否されることが怖くって、
他の人に好かれたいばっかりに自分を犠牲にする。失敗を恐れる。言い訳をする。
人と直接話せない。自分の立場がはっきりしない。杞憂する。
衝突を避け、他の人を操作したり、責任を回避することに労力を使う。

別のタイプの例としては、傷つきやすいと思っており、力がないと思っている。
過剰反応する。過去の失敗を引きずる。他の人の権利を侵害する。
情報や技術が欠如している。他の人のことを考えない。ころころ態度を変える。

どうしたらAssertiveになれるか、
Deal with your feelings! 自分の気持ちと向き合う!
Since you can't change others, identify how you can positively change your attitude.
他の人を変えることは出来ないから、自分がどうしたらいいかを見つけよう。
Be a good listner. Observe how others act.
聞き上手になろう。他の人を観察しよう。
Learn to say "No". "No"が言える様になろう。
Build self-trust. 信用できる自分を確立しよう。
などなど・・・

ちょっと勇気が要るけど、アメリカではAssertiveに振舞う方が、うんと楽に過ごせます。
以心伝心や気配や雰囲気では全然気づいてもらえないのです。。。
そして、自分の考えを素直に表現できると、自分が解放されて行くように思います。
自律。危険や責任は大きいけど、小さなことから挑戦してみると、
だんだんと新しい自分が見つかるかもしれないと思っています。

拍手[0回]

カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
かいけママのはげみ
マイペースでコツコツと体で遊んでいます!応援よろしくお願いしますm(_"_)m
最新コメント
(09/25)
(09/23)
(01/25)
(01/24)
(01/16)
ブログ内検索
ウサギの年齢計算機
プロフィール
HN:
かいけママ
性別:
女性
自己紹介:
「かいけのお部屋」管理人のかいけママです。

いつの間にやらかいけは大学生。
全く手がかからなくなり、趣味に邁進中。

ヨガと体作りにすっかりはまりました~
日々マイペースに楽しんでいます♪
カウンター
アーカイブ
忍者ブログ [PR]