忍者ブログ
2018年に念願のRYT200修了しました♪職場でヨガ部活動中♡日々自分の体を使って、いろんな動きやポーズを練習中です
[2673]  [2672]  [2671]  [2670]  [2669]  [2668]  [2667]  [2666]  [2665]  [2664]  [2663
最近ヨガで執着という言葉を2度ほど言われた。
自分は執着しているのだろうか?

いつもながらgoogle先生に聞いてみた。
”一つのことに心をとらわれて、そこから離れられないこと”
”ある物事に強く心がひかれること。心がとらわれて、思いきれないこと”

うーん、別にそんなことはないなぁ。
じゃあなんなんだろう?

で、ちょっと胸に手を当てて考えてみた。
思い当ることがあった、気がする。
先日久しぶりにヨガスクールに行った時に、先生に言われた一言。
先生が使った言葉ははっきりとは覚えてないんだけど、
たぶん、「謙虚」だったと思う。

それって、謙虚に見えるとしたらすっごくありがたいけど、
実は自分で自分の評価が低くて、自己肯定が出来ていないのかも。
そう思って、またgoogle先生に聞いてみた。
そしたら、胸にグサッとくるブログを見つけた。
(いつも患者さんに「個人のブログを情報源にしちゃダメ」って言ってるんだけど^^;)

「自己評価が低い」ダメな自分を認める方法

自己肯定を妨げるブレーキの外し方

たぶん自分で認めたくない、自分の心の棘はこれなのかなって思う。
常に修行者でありたい。日々精進したい。もっと成長したい。
もっともっと自分を追い込んで、もっともっと練習しなければ。
そうしなければ、私は満足できない。
そうしない自分を、自分は好きになれない。

成長を感じられればとても幸せで、嬉しくて、さらに追い込んでしまう。
周りがお祭りで楽しくしていても、そこには全く興味がない。
黙々淡々とルーチンワークをこなし、今日もできた自分に喜ぶ。
そして成長を感じれば、自分で自分に課すノルマのハードルが上がる。

うーん、これを手放すのはどうなのかな…。
それで自分が幸せになれるのかな?
今の自分、不幸かな?

たぶん、結構楽しくて、幸せにやってると思う。
いつも自分で自分は幸せだと思っている。
だったら、別に人に「執着」って言われても、
「ふーんそうなんだー、そう見えるんだー」でもいいんじゃないかな。

最近は、「ストイックですね」と言われると、
「私オタクだから。病気なんだよね~」で返している自分。
ストイックにすることで自分がHappyなら、別にそれでいいよね。
人によってHappyになれる要素は違って、それはあたりまえなんじゃないかな。

でも、怪我をしてまでトレーニングするのは、確かに良くないって思う。
トレーニングできないから自分はダメになって、そんな自分は嫌いで、
怪我をしても痛みをこらえてトレーニングする。
そしてもっと悪くなって治りにくくなって、長引いて…

最近セラピストさんにテニス肘のテーピングを習ったので、自分でやってみた。
これで少し逆立ち系の練習をお休みして、肘を治すぞー!!
さすがにこの肘で練習したら「執着」だと自分でもそう思う。


上記リンクの記事はこちらのブログから引用させていただきました↓
ありがとうございました。
こころにまるを
心理カウンセラー丸岡謙仁によるこころの解説


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
かいけママのはげみ
マイペースでコツコツと体で遊んでいます!応援よろしくお願いしますm(_"_)m
最新コメント
(09/25)
(09/23)
(01/25)
(01/24)
(01/16)
ブログ内検索
ウサギの年齢計算機
プロフィール
HN:
かいけママ
性別:
女性
自己紹介:
「かいけのお部屋」管理人のかいけママです。

いつの間にやらかいけは大学生。
全く手がかからなくなり、趣味に邁進中。

ヨガと体作りにすっかりはまりました~
日々マイペースに楽しんでいます♪
カウンター
アーカイブ
忍者ブログ [PR]