忍者ブログ
2018年に念願のRYT200修了しました♪職場でヨガ部活動中♡日々自分の体を使って、いろんな動きやポーズを練習中です
[44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34

日本では紀子様が無事御出産されたそうで、ほっとしました。
部分前置胎盤で安静を強いられ、日本中が注目する中で
帝王切開手術を受けての御出産、お疲れ様でした。
母子ともに健康と言うことでほっとしています。
(最近は35歳過ぎても若々しいもの、高齢出産の定義を改めるべきでは?)

イギリスの新聞では
「女性が天皇になるのに、一体全体どんな問題があるの?」
と言うコメントが載っていました。アメリカだったかな、の新聞では、
「側室制、貴族制の復帰を考えてる人がいる。」
「今回の男児出産はただ単に問題解決の先送りをしたに留まり、
将来必ずまた同じ問題が机上に上がる。」
と言うような視点での記事を見かけました。

私なりに、何故女性が天皇ではいけないのかなと考えてみました。
もしかしたら、皇室のY染色体にすんご~い思い入れがあって、
「天皇のY染色体は代々継承されるべき。」という考えなのかもしれない
と言う自分なりの結論に至った。・・・でもさ、1500年も前にそんなこと考えたかな?

ということは、だ。一体全体、正当な理由って?あるのかな?
でも、もし自分が天皇家の一員で、この微妙な時期に女性として生まれたら、
出来れば一般社会に飛び出して生きたいと思ってしまうだろうな。
両肩に期待と重荷を背負って小さい時から教育を受け、
一人の女性としての幸せを、自分の意思で自由に追い求めることは難しいとなると、
自分らしい一生ということに関して、思い悩んでしまうかも。

他の誰にも肩代わり出来ない、貴重な家系に生まれる。
それもその子の運命と言うしかないのかな。
どうか御両親・御家族の暖かい愛情、国民の優しいまなざしの中で、
生まれたお子様がすくすくと成長されますように。
紀子さま御出産、おめでとうございます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
日本でも
あちこちで議論がされている。
皇室の方には、ご自分の意見を述べてはいけないという、日本の皇室典範と言うものがある。
そんな・・・人間として産まれて、自分の心を吐露してはいけないなんて・・・
そうです、普通に側室をなんて、言っている人がいます。それも有識者と言われる人がです。

愛する二人に、何故に側室なんてものが必要なんでしょう。
世界に恥ずかしいとは、考えないのかと思っていたら、これが日本の長い歴史だと言っていた。

普通に、人間が継いでいっては何故、いけないのか?分からない。
しかし、ようこそご無事に誕生です!
いろんなプレッシャーの中で、どんなにかいろんなことを考えられたことでしょう。
強い精神力に、感服しました。

政治家の、餌食にならないでと、願う・・・
こころ 2006/09/14(Thu)00:01:26 編集
こころちゃんへ
その有識者の方、愛のない人生を送ってこられたのかもしれません。
小学校の時に、歴史の授業は大好きだったけど、
国語や道徳などは大嫌いで、何にも学ばなかったのかもしれません。
折角の歴史の知識も、生かし方を知らないのでしょう。
かわいそうな有識者の方。。。
今からでも遅くはありません。小学校に戻って、
国語と道徳を学び、人を愛することを学びましょう!

精神力。気遣い。思いやり。愛情。
本当に強いですよね。母は強いものなのですね、こころちゃん。
お子様の健康な成長を(母の気持ちを持って)みんなで見守りたいですね!
かいけママ 2006/09/15(Fri)08:42:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
かいけママのはげみ
マイペースでコツコツと体で遊んでいます!応援よろしくお願いしますm(_"_)m
最新コメント
(09/25)
(09/23)
(01/25)
(01/24)
(01/16)
ブログ内検索
ウサギの年齢計算機
プロフィール
HN:
かいけママ
性別:
女性
自己紹介:
「かいけのお部屋」管理人のかいけママです。

いつの間にやらかいけは大学生。
全く手がかからなくなり、趣味に邁進中。

ヨガと体作りにすっかりはまりました~
日々マイペースに楽しんでいます♪
カウンター
アーカイブ
忍者ブログ [PR]